So-net無料ブログ作成
検索選択

遅かれ早かれその関係は破綻する”恋愛マンネリ”心理学的に解析 [恋愛]

あなたは友達から誕生日プレゼントをもらったら、喜んで受け取るでしょう。


そして相手の誕生日に、同じようにプレゼントを贈りますよね。



「求められる女」になるコツを心理学的に解析!これで彼の唯一無二の存在に.jpg



「求められる女」になるコツを心理学的に解析!これで彼の唯一無二の存在に


誕生日のプレゼント交換だけでなく、日本にはお中元やお歳暮といった贈り物の習慣があります。

これらは、必ずしも返さなければならないわけではありません。とはいえ、たいていの場合は経済的に同等以上の返礼をしなければいけない、という心理的義務感を負うものです。




贈与と返礼が生み出すもの



例えば、行きずりの相手からのプレゼントならば、もらいっぱなしになることもあるでしょう。

でも、よく顔を合わせるような人からのプレゼントだったら、もちろんお返ししますよね。




相手との関係性に応じて、何を返すか十分に吟味することでしょう。

これは物理的なプレゼントのみならず、例えば自分が疲れているときにお茶を淹れてくれたり、マッサージをしてくれたりなど、他人からの「心遣い」についても同じことがいえます。



何くれとなく気にかけてくれる相手に、何かの形でお返ししたいと思うでしょうし、その結果、相手が喜んでくれたらうれしく感じるでしょう。



お互いに心遣いを繰り返すことで、人はどんどん親しくなっていきます。


逆にあなたが誰かに贈りものや心遣いをしたのに、その人からお礼の一言もなければ、がっかりしますよね。
そういう人とは、だんだん心理的な距離が生まれてしまいます。




なぜマンネリは生まれるのか


実は恋愛についても同様のことがいえます。


例えば結婚して夫婦になったとしても、一方が気遣い、他方がそれを無視しているようでは、遅かれ早かれその関係は破綻するでしょう。


もちろん「尽くすことがとにかく好きで、相手がノーリアクションでもかまわない」という人なら話が違いますが、一般的なカップルなら、二人の間に距離が生じてしまいます。


強い信頼で結ばれた関係であればあるほど、贈与と返礼を緻密に行っているものです。


相手の琴線に触れるような気配りや、「愛している」という言葉による愛情表現…こういったことが、日常生活のあらゆるタイミングで、習慣的に行われているでしょう。


継続して贈与を行うその根底には、「相手に応えてもらいたい」という強い期待があります。


このような期待を互いに持てなくなったとき、関係は停滞し、「マンネリ」となってしまうのです。




欲求の対象ではなく欲望の対象になる



恋人になることや夫婦になることは、人間関係におけるゴールではありません。


むしろ、新しいステージの始まりといえるでしょう。



一年後の自分が今の自分と違うように、人間関係も常に変化し続けるものです。




成長に、終わりはありません。




そして二人の関係が愛情深く進化し続けるために必要なことは、手に入れたら満足してしまうような「欲求(need)の対象」ではなく、完全に満たされることがない「欲望(desire)の対象」であり続けることです。




求めたら常に応えてくれる存在は、「都合のいい存在」とは異なります。


「都合のいい存在」とは、一方が満足することのみを目的として「欲求」する相手です。


こういった「欲求」は、そもそも「贈与」とは異なります。



「贈与」は、相手が満足することを願う「まごころ」から生まれるもの。


この「まごころ」を受け留めた上で適切に応じられる人が、常に求められる特別な存在となるのです。





まとめ

常に相手に求められる女性。

そんな女性になるために必要なこと、理解いただけましたでしょうか。

相手の期待通り、あるいは期待以上の返礼をできる、そして心のこもった贈与をできる人は、相手にとっての唯一無二の存在になれます。


その人の「まごころ」を見逃さない、そんな「見る目」をお互いに持てるよう、意識してみてくださいね。




cocoloni引用











nice!(0)  トラックバック(0) 

恋をするのがこわい…1人で過ごす休日、家にこもっているだけではダメ? [恋愛]

「恋をするのがこわい」にさよなら!自分に自信をつけるための5つの簡単テクニック

自分に自信を、恋をするのがこわいにさよなら!簡単テクニック.jpg

皆さん、こんにちは。恋愛コラムニストの秋葉優美です。
幼稚園、小学生まではほとんどの人が「今は誰々くんが好き」「誰々くんもカッコいい」と純粋に色々な人を好きになっていた記憶があるかと思います。しかし、思春期に入り大人になると、なかなか人を好きにならないとか、自分は恋愛上手じゃないからだとか、なにかと恋に臆病になる人がいます。
それは大半が「失恋」からくる自分自身へのコンプレックスが原因です。当然、告白してもうまくいかなかったり、大好きな人から振られるとショックを受けます。人を好きになる資格が無いとか、誰からも愛されることは無いのではないかとまで思ってしまうこともあるでしょう。そこから脱却するためには今抱えているコンプレックスに打ち勝ち、自分に自信をつけることが大切です。
しかし、いきなり高い目標を掲げても、達成できなければ、さらに自信をなくし落ち込むだけです。小さいことでも達成感を味わうことで、自分に自信を持つことができ、新しい恋ができるようになるのです。
今回は、簡単に手軽に自分に自信をつけられる5つの方法をご紹介いたします。

1.肌のお手入れをする

メイクの技術を習得するのも良いですが、まずは肌のお手入れをすることです。当然夜寝る前は顔を洗ってスッピンになり、自分の素顔を見るでしょう。
しかし、肌がくすんでいたり、ニキビができているのを鏡で見るとどうでしょうか。「こんな顔だから誰も好きになってくれないのかな」と外見コンプレックスに陥ってしまいます。スキンケアを怠らず、すべすべの肌を手に入れることによって、外見に対する自信がつくはずです。
そして顔だけでなく、体全体にもボディクリームを塗るなどして、潤いを保つようにしましょう!この段階では誰に見せるわけでも無いかもしれませんが、毎日見る自分の顔や体に自信を持つことが大切なのです。

2.清潔感のあるファッションを心がける

今時のファッションを学んで、流行をおさえてくださいと言っているのではありません。あくまでも「清潔感」が大事なのです。シワが寄っていたり、シミがついていたりしているいつ買ったのかも覚えていない服をもし持っていたら思い切って捨ててください。
新しくて新品のものを身にまとうだけで、一気に気持ちもリフレッシュでき、かつ清潔感も保てます。綺麗な服に着替えるだけで、心も着替えられる。そんな気分になり、どんどん外出したいと思うようにもなるでしょう。

3.顔を上げて、はっきり喋る努力をする

好きな人を目の前にすると途端に緊張してしまって、うつむき加減になってしまう。話すときもごもごもしてしまい「え?」と聞き返されることが多い。
これでは人とコミュニケーションを取ることに対しても自信がなくなってしまいます。意識して、顔は上げて相手の目をしっかり見る。誰かと話すときは滑舌よく明るく話す。
少し意識するだけで、周りからも「明るい子だね」と評価はうなぎ上りです。ただし、やりすぎると横柄に見えたり、声がうるさくなってしまうこともあるので、気をつけましょう。

4.1人で過ごす時間を減らす

1人でいる時間が多いと、昔の失恋を思い出したり、恋愛のことでなくてもマイナス思考になることはあります。そしてその思い出、考え方から離れられなくなり、気持ちが沈んでしまうのです。そんな時はまず外に出ることです。
もし1人で過ごす休日だったとしても家にこもっているだけではダメなのです。とにかく空気を吸って外出することをおすすめします。できることならば、友達と買い物に行ったり、食事をしたりと笑顔になれる場所を探すことです。外に出て楽しい時間を過ごすことで気持ちの切り替えができるのです。

5.プラスの感情を表に出す

自信がないと、感情が表に現れにくいということがあります。「何を考えているか分からない」とか「意見をもっと言っていいんだよ」などと言われたことはないでしょうか。恥ずかしがらず、嬉しいときは嬉しい、楽しいときは楽しいと感情を出すことが大切です。
ただし、あくまでもプラスの感情を出すのであって、マイナスの感情を出しすぎると相手もそうですが、自分にも腹が立ったり、悲しくなったりするので控えるようにしましょう。

おわり

いかがにでしたでしょうか?些細なことかもしれませんが、このちょっとした努力が成果となり、自信がつく最短方法になるのです。
恋愛コンプレックスから脱却するためには、自分に自信をつけることです。みなさんが新しいキラキラした恋に出会えることを願っています。(秋葉優美/ライター)
(ハウコレ編集部)(長谷川万射/モデル)(柳内良仁/カメラマン)


提供:ハウコレ引用



nice!(0)  トラックバック(0)