So-net無料ブログ作成

コーヒー”カフェイン”と”クロロゲン酸”が、脂肪燃焼など、5つのうれしい効果 [ダイエット]

コーヒーは体に悪いは偏見!脂肪燃焼など、5つのうれしい効果って?【ずっとキレイでいる食事】 

決して、悪者ではないんです。

 年齢にとらわれることなく、「長く美しく生きる」を楽しく考えていく連載「ずっとキレイでいる食事」、第2回のテーマは、なんとなくネガティブなイメージがつきまとう嗜好品、『コーヒー』です。今回、強く言いたいのは、コーヒーが悪だなんて、短絡的だということ! それではさっそく本題に入りましょう。

ずっとキレイでいる食事

カフェインの覚醒作用、眠気や倦怠感 リラックス効果や集中力を高め.jpg


「コーヒー」=「カラダに悪い飲み物」は偏見だった!


 まずはじめに、コーヒーの嬉しい効果について整理してみましょう。これまでの研究により、コーヒーに含まれる「カフェイン」と「クロロゲン酸」が、我々の身体に様々な作用をもたらしてくれることがわかっています。


コーヒーは体に悪いは偏見!脂肪燃焼など、5つのうれしい効果0.jpg

1.リフレッシュ&リラックス

 カフェインの覚醒作用により、眠気や倦怠感を取り去る。また、コーヒーの香りが、情緒を司る脳の部位の血流を増やすため、リラックス効果や集中力を高める効果をもたらす。

2.脂肪燃焼効果

 花王ヘルシアコーヒーで話題となった「クロロゲン酸」。体脂肪を燃焼しやすくする効果が。またカフェインにも同様の効果があるとされる。

3.アンチエイジング

 コーヒーで老けるだなんて、大きな勘違い。クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種の抗酸化物質。赤ワインのポリフェノールに匹敵するとされ、皮膚のシミを予防したり、老化を食い止める効果が。

4.二日酔い対策

 カフェインが肝臓や腎臓の働きを活性化。利尿作用も持つため、二日酔い防止や飲み過ぎた後には、1杯のコーヒーを。

5.病気の予防

 これまでの研究・疫学調査により、コーヒーが肝臓がん、大腸がん、前立腺がん、心臓疾患、Ⅱ型糖尿病、パーキンソンなどのリスクを下げる効果が明らかに。ただし、因果関係については未知の要素もあるため、今後の研究に期待が高まっている。

【後編】「妊娠中のカフェインはOKなの?」
に続く

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログも手がけている。

女子SPA!引用


おすすめ

妊娠中のカフェインはOKなの?流産・死産・胎児発達遅延のリスクも…


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。